>>>研究活動<<<
>>Top
>>プロフィールと経歴
>>著書と論文
>>研究活動
>>都市計画実績
>>海外経験
>>後援会について
>>E-mail
>>姫路市役所HP
+++専門分野+++
都市計画、地域開発
・地域振興
・地域観光計画
・地域資源活用とまちづくり
・長寿・余暇社会のまちづくり
+++報告書+++
相生駅南地区基本計画作成事業報告書
平成8年3月
兵庫県相生市

西播磨テクノポリスの副母都市という位置づけと駅の利便という立地特性を生かした都市整備を目指す内容。
さまざまな面からの現況調査と、住民の意向、住宅開発重要の調査などを考慮に入れつつ事業計画を検討、
「まちづくりにおいては長期ビジョンと計画性が必要」「街づくりの目標については公共による啓蒙が必要」など5項目を今後の課題として打ち出している。
京都市防災水利構想  環境防災水利−「命の水」対策
平成14年3月
防災水利構想検討委員会

阪神大震災の教訓から災害時には市民の安全を確保する「命の水」、通常時は文化を育み風土を潤す「環境の水」として機能する簿環境防災水利の整備の提案書。
安心で豊かに暮らせる街であるためには、公共の上下水道や池・河川やプールなど、民間の事業用水や農業用水など、市民それぞれの備蓄水や私設井戸など、あらゆる水利の活用が重要であると述べ、水利整備の方針、目標、対策などを構想。
「行政と市民は情報を共有し、思いを同じくして、それぞれの役割分担を明確にし、手を携えて取り組まなければならない」としめくくっている。
おかやま都市マスタープラン策定調査報告書
平成9年3月
岡山県岡山市/株式会社野村総合研究所

都市計画に関わる総合的な計画を、20年後を目標とした長期視野に立った将来ビジョンとして描きだしている。
あらゆる角度から岡山市地域特性と位置づけをし、それをふまえて将来の見通しを打ち出し、人口予測やニーズを考えながら市街地整備を考えている。防災対策や緑のネットワーク、都心構想などを「長期にわたるため段階的に着実に進める必要がある」と項目を挙げてまとめている。
石神井公園駅周辺地区再開発基本構想報告書
昭和48年1月
東京都練馬区/東京工業大学工学部社会工学科石原研究室

東京工業大学教授 石原舜介氏、同・大学院 石見利勝氏、 大岡山建築設計研究所 野上信博氏、3名による研究報告とされている。西武新宿線石神井公園駅を練馬区の中心地区として位置づけ、商店街の活発な繁栄と公共施設の整備の遅れという現況をふまえて、将来への発展の可能性と改善すべき事項をあげている。周辺の現況(人口、土地利用、建物・施設分布、人の流れなど)、商店街の実態、および来街者調査から再開発の基本構想を打ち出している。
雰囲気、安全、便利さを重要視し、駅と商店街の動線を地上と地下に設けて駅で分離された南北を結ぶ計画。その計画を元に街路の整備を考えている。
「コントラストのあるものを作り、その結果全体に一体感のあるものにする」という一文が印象的。
+++学 会 ・ 社 会 活 動+++

土浦市都市計画審議会 委員
千葉県土浦市・平成1年

地域イメージとまちづくり茨城県新県計画課題検討委員会 委員
茨城県・平成5年

豊かさ・生きがいと行政施策研究会 委員
茨城県・平成5年

岡山ビジョン懇談会 委員
岡山市・平成6年

姫路市都市計画協議会 会長
姫路市・平成8年
(平成12年4月1日から都市計画審議会に改称)

姫路市住環境整備事業研究委員会 委員長
姫路市・平成10年

日本建築学会正会員
日本都市計画学会正会員
日本生活学会正会員
人事院国家公務員採用試験問題作成委員(昭和59年〜昭和62年)
日本都市計画学会学術委員会委員(昭和59年〜昭和61年)
日本不動産学会正会員
日本不動産学会総務委員会委員
日本計画行政学会正会員
Copyright(C)2003 IwamiToshikatsuKouenkai All rights reserved